自分の強みを知っていますか? 〜自己理解に必要なキャリアの棚卸し〜|最新転職情報ブログ

2024/03/24

  • #キャリアの考え方

自分の強みを知っていますか?〜自己理解に必要なキャリアの棚卸し〜

キャリアアドバイザーの齊藤です。

今回は、

自分の強みを知っていますか?
〜自己理解に必要なキャリアの棚卸し〜

について解説していきます。
(※サクッと内容を確認したい方はInstagramからご確認下さい)

1.なぜ「自己理解」が必要なのか?

自己理解を深めることで、働く意味価値観を整理することができ、強み課題が理解できるため、キャリア形成にすごく役立ちます。

また、「自分がやりたいと思っていた仕事と違う」といった違和感からくる、早期離職を予防するためにも、自己理解は必要です。

2.自己理解を深める方法

自己理解を深める方法は、大きく分けて以下の4つが挙げられます。

①キャリアの棚卸し

②職業能力の確認

③キャリア指向の明確化

④個人を取り巻く諸条件の確認

この4つの中でも、特にキャリアの棚卸しが重要です。

過去の自分を振り返り、自分はどういう人間であるかを認識するために、「キャリアの棚卸し」を行う必要があります。

3.4つの棚卸し方法

そこで、キャリアの棚卸しについては、下記の4つの方法が用いられます。

①ライフラインチャート

②RIASEC(6つのホランド・タイプ)

③キャリア・アンカー(8つの価値観)

④アセスメント:GATB、VPI

いずれも重要な方法ですが、その中でも「キャリア・アンカー(8つの価値観)」は重要です。

詳細については徹底解説しています、下記の記事をご参照下さい。
(自分の価値観を知る方法〜価値観を探るための3つの質問~)

4.まとめ

キャリアでお悩みの場合は、自身の過去を振り返りキャリアの棚卸しを行うことをオススメします。

自己理解が深まり、価値観を再確認することで、自身のキャリア形成の助けになること間違いなしです!

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

PT・OT・STで転職したい方転職のプロに相談しませんか?

  • お一人お一人のニーズと
    ライフプランを大切にした

    求人紹介
  • 理学療法士など、医療介護領域で働いてきた経験豊富なアドバイザー
  • ヒアリング~面接・交渉
    ~入職後まで
    安心のフルサポート

記事作成者

画像:スタッフ
齊藤 洋輔
一般社団法人セラピストフォーライフ副会長

〜All for the growth of therapists and the smiles of patients〜
すべてはセラピストの成長と患者さんの笑顔のために

略歴 養成校を卒業後、整形外科クリニックで10年間勤務し、スポーツ外来や整形外科術後急性期〜生活期を経験。
地域の健康増進支援にも携わる。その後、回復期病棟を有する病院施設に移り、5年間にわたり回復期リハビリテーションを経験。新人セラピストの技術指導などにも従事。
2022年よりセラピストフォーライフにて勤務開始。マーケティングおよびコンテンツ作成、企画・運営、バックオフィス業務などを担当。
資格
  • ・理学療法士
  • ・福祉住環境コーディネーター2級
  • ・職業紹介責任者
  • ・キャリアアドバイザー
所属
  • ・一般社団法人セラピストフォーライフ
  • ・キャリアリーダーズ
  • ・USCAN〜アスキャン〜
  • ・JOMTA(日本オステオパシックマニュアルセラピー協会)
  • ・アワセラ〜Awa Therapist Skill up school〜

未来を切り拓く、新たな一歩を支えます。

ご相談から入職後まで無料でフルサポートいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

※キャリアカウンセリング・コンサルティングサービスなど一部有料

求人掲載のご依頼、広告掲載の
ご依頼も受けつけています

  • 業界最多の
    セミナー数

    ※総数1000回
    以上開催

  • 年間受講者数
    9700人以上

  • アーカイブ、
    復習用PDF、
    実技動画
    プレゼント!

  • セラフォーでしか受けられない
    セミナー・講師
    が多数!

<姉妹サイト>セラピストフォーライフ

理学療法士・作業療法⼠・その他セラピスト向け
セミナーなど、教育事業を中⼼とした総合サービス

View more